IKIJIの流儀25-静と動のパンツ

 1964年の東京オリンピックには、今までに無い新しい競技種目が加わりました、それまでは西洋で普及した競技が主体のスポーツの祭典でしたが、そこに日本古来の柔道が正式種目として採用されました。それ以降、世界各地で発祥した様々な競技が、オリンピックに採用されるようになりました。1964年では、20競技163種目でしたが、2020では、33競技339種目まで拡がっています。

 

 2020東京オリンピックでは、新たに5競技18種目が採用されました。その一つが柔道に次ぐ日本発祥の空手です。空手は、体重別で勝敗を競う「組手」と、一人で空手の型を演武してポイントを競う「形」の2種目です。注目すべきは、この「形」の演武ですね。通常、格闘技は相手と対戦して勝負を決めるものですが、この「形」は空手における立ち方,移動、受け、攻撃の基本動作の挙動を演舞して競う種目です。

 

 この「形」は技の正確さ、力強さ、スピードを静と動のバランスを己と戦う種目です。他の種目では見られない、静粛な中での緊張感あふれる美しい演武です。金メダルに一番近い、女子の清水希容選手の演武は、鋭い眼差しから繰り出す技は圧倒的な力強さで、一瞬技と技の間の静のポーズは息をのむ美しさです。今までのスポーツの概念からは考えられない、静と動の美しさを競う競技です。

 

 この静と動を表すのが、道着である空手パンツです。IKIJIはこの機能的で美しい挙動を表現する空手パンツに着目し、今シーズンのコレクションに新規にエントリーしました。男女兼用でサイズも2サイズでフォロー出来る、このパンツにIKIJIらしい3色で展開しております。家でリラックスする時はイージーに、外で颯爽と歩く時は凛として穿いて静と動を楽しんで下さい。勿論、貴方の生活の「形」の範囲内ですが?

 

空手パンツ
¥24,000